FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組み立ててみよう

我が家に2眼レフがやってきました。

P5270004_20100531213130.jpg
▲ジャーン

妹の自作カメラです。
「大人の科学」という雑誌の付録に組み立てキットが付いていて、
自分の手で組み立てて実際に使えるというもの。
お値段は2500円になります。

本屋で見かけてからずっと気になっていました。
付録ということで安っぽいイメージがあったのですが、
実際に見てみるとしっかりとした造りで、もちろんちゃんと写真も撮れるのです。

P5270007_20100531213846.jpg P5270010_2.jpg
▲上部が開くようになっており、
真上から覗いて被写体を確認します


P5270005_20100531213611.jpg
▲上下レンズの間にあるのがシャッター。
横のツマミでフィルムが巻けます

               
この「大人の科学」という雑誌は毎号付録が豪華でして、
鉱石ラジオやスターリングエンジン、ミニエレキギター、
からくり人形に平賀源内のエレキテルなどなどとラインナップもさまざま。
お値段も1000円~1万円以上とピンキリです。

今まで興味はあれど、実際に買うまでには至っていなかったのですが、
実物を目にしたら、がぜん欲しくなってきました!
近いうちに何か作ってみたいと思います!
大人の科学のホームページから、過去の付録も買えるようになっていました。
エレキテルか、お茶汲み人形か、レオナルド・ダ・ヴィンチのヘリコプターか・・・
どれにしようかな~♪
ブログでご報告もできればと思いますので、良ければ見てみて下さい~。
菊池でした。
スポンサーサイト

東京“ホッと”スポット

ちまたでは“パワースポット”ブーム。

最近では、寺社仏閣や山、川、滝などを
パワースポットとして特集する本を、よく見かけるようになりました。

“パワースポット”とは、ニュアンスが違うかもしれませんが、
私にとっては個人的に落ち着く、癒される場所があります。
それは千代田区にある、『東京国際フォーラム』。
さまざまなビルが林立する都会で、
ひときわ目立つ建物のひとつではないでしょうか。

『東京国際フォーラム』は、
いろいろなイベントの会場やコンベンションセンターとして使用されていますが、
ここは以前都庁のあった場所です。

平成9年に今の形に生まれ変わり、大小異なるホールがある建物と、
広場をはさんだ向かい側に、ガラス張りの吹き抜けホールという構造になっています。

ガラス張りの吹き抜けホールはガラス棟と呼ばれ、
特に私が気に入っている場所なのです。
船を題材としたデザインになっており、
吹き抜け部分には橋のような渡り廊下もあります。


写真①
ガラス棟の天井。なんだか飛行船を彷彿させます

写真②_convert_20100506182341
渡り廊下。乗ったことはありませんが宇宙船のようです


ガラス棟地下1階のパブリックスペースにはイスが設置してあり、
本を読む人、おしゃべりを楽しむ人、お茶を飲む人、物思いにふけっている人など
さまざまな人が座っています。
私も一緒になってボーっとしたり、
建物を見たりしていると、なんだか心が落ち着くんですよね。

なぜこんなにシックリくるのか。理由を考えてみました。

“建物の中にいて感じられる解放感”、
“人工物でもきれいな流線型を描き、
どこから見ても絵になる美しさ”が、私の心の琴線に触れているようです。

写真③「_convert_20100506182509
光の具合もちょうどいいんです

進化し続ける都心にある『東京国際フォーラム』は、自然光があふれ、
人々が集い、心を和ませる、都会のオアシスといえるでしょう。
自分のパワースポットや落ち着く場所って、
気付かないだけで身近なところにあるのかもしれませんね。

PH竭」_convert_20100530102013
中からでも木々の緑が鮮やかさが分かります


丸の内エリア好きの平山でした。





プロフィール

アイドマ編集室

Author:アイドマ編集室
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。